大学受験は簡単?

大学受験は簡単?

大学受験は、筆記試験で受験するものと面接試験があります。実は、面接試験は意外と簡単です。まず、指定校推薦。これは、大学側が予め決めた高校側に対してオファーを出すものです。

この指定校推薦枠を勝ち取れれば、その大学には合格したものと同じです。試験科目は、小論文と面接だけです。

その他の推薦は、一般推薦というものがあります。これは、推薦枠と違い、高校生であればどこの高校でも推薦入試を受けてもよいというものです。

この推薦入試も小論文と面接だけです。つまり、筆記試験より推薦入試のほうが大学受験ではあっさりと合格を勝ち取れるものです。

ただ、推薦入試枠は高校の成績が良くなければ勝ち取る事ができませんので、結局は日ごろの勉強が大事になります。

大学受験は難しい?

大学受験は難しい?

大学受験は難しいように感じますが、大学にも色々な偏差値レベルがありますので、自分の実力に合う学校であれば、そんなに難しいものではありません。

しかし、どのような大学でも高校の教科書レベルの基礎的な勉強は必要です。また、国立大などレベルの高い学校を受ける場合は、教科書レベル以上の勉強をしなければいけません。

このような大学を目指すのであれば必要な教科も多くなりますので、しっかりとした計画を立てて頑張るという覚悟は必要になります。今の大学の入試は様々な受け方があります。

持っている資格が点数化されたり、特別な推薦枠があったりなど、自分に合う受験方法もある場合もあります。

行きたい大学があるのなら、まず自分の実力を知り、大学のレベル、受験方法などを確認し、少しでも自分に有利な受験方法を探しましょう。そして合格に向けて計画的に勉強をしていきましょう。

大学受験を受ける人はどんな人?

大学受験を受ける人はどんな人?

大学受験を受ける人、この言葉の定義は「高校を卒業して就職することを考えていない人がチャレンジするもの」と答えていいでしょう。

確かにそうなのですが、この表現ですと何の面白みもありません。大学受験は、自分自身が追求したい何か、社会に出る前に青春をかけて突き詰めておきたい何かを実現する場所、その場所を得るためにチャレンジする人々と言い換えることができるでしょう。

確かに将来何をやりたいのか決めかねている高校生が大学を受ける人として適当なのかという議論もあるかも知れません。

しかし相応のレベルの大学に合格し、仲間と出会い、与えられた場での学習を通じ本当にやりたいものを見つけることがあることも、また事実なのです。