大学受験って何?

大学受験って何?

大学受験とは文字通り、大学に入学する資格を得るための試験で、大きく一般入試と推薦入試の2種類にわけることができます。一般入試は筆記による学力試験で、国公立大学は1次試験であるセンター試験を受験した後に2次試験を受けることになります。私立の場合にはセンター試験を利用した入試や、各校それぞれ独自の入試があります。また、推薦入試は高校での成績などを基にした書類審査や、面接、小論文などによる選抜方式となります。

授業をしない塾はこちら

資格取得とは?

資格取得とは?

進学や就職で大きなメリットを与えるのが資格取得です。履歴書などが良い例で、試験や面接を行う前に最初の第一関門として書類選考があります。同能力の人が多く書類を提出している場合、即戦力となり得る資格を取得しているかの有無や希望する企業に必要な資格かで採否が変わります。これは企業側に知識があるとアピールできるチャンスであり、自分のステップアップにも繋がります。転職の際にも有利な場面があるため、取得しておいて損はないでしょう。

もう無駄な受講料は払わない!武田塾オンデマンドとは?

大学受験は簡単?

大学受験は簡単?

大学受験は偏差値の低い大学を受けると簡単ですが、難関と言われる大学を目指す場合は難しいです。また普段から勉強をする事に慣れていれば、大学受験勉強をしてもストレスが溜まることありませんが、勉強に不慣れな場合は難しくなります。特に独学で大学受験を目指す場合には自分自身で調べる事が多くなりますし、なかなか思うように勉強も進まないので、簡単とは言えません。予備校などに通う場合には講師に質問をする事が出来るので、独学に比べると簡単です。

資格取得は簡単?

資格取得は簡単?

進学や就職を有利にする、自分自身の能力を高めるために用いられる資格取得。では簡単に取得できるのでしょうか。結論としては取りたい取得によって独学でできる簡単なものから学校や通信教育などある程度の勉強が必要、合格率が低い難しい資格に分けられます。資格取得で大切なのは自分が興味があるものか、取得して今後につなげたい明確な目標で選ぶことが重要です。難しいものでも自分が取りたい思えば勉強も頑張れるはずですし、逆にとりあえず簡単なものをと思ってもやる気がなければ資格取得につながるのは難しいでしょう。

大学受験は今と昔では違う?

大学受験は今と昔では違う?

大学受験は今と昔では違います。どのように違いがあるかと言うと昔は人口が多かったということです。それに伴い、学生人口も増加していたため、大学を入るにも競争が激しくなっていました。そのため、大学の偏差値は上がっていました。しかし、今では人口減少が進む一方で少子化が進んでしまっていることから、学生人口が減っています。その要因が大学の偏差値を下げている原因なのです。今、大学受験をして志望校に合格した人でも当時受験していたら不合格になる人も多いと言われています。